病院に行く前に有効成分配合の発毛剤を使って見ようと思う

発毛剤が逆効果にならない為には

頭皮の薄さが気になってきた人には、発毛剤は強い味方です。

 

ですがそんな味方のはずの発毛剤も場合によっては逆効果となってしまう事もあるんです。

 

もし、あなたの選んだ発毛剤で以下にあげる様な症状があらわれたそれは注意が必要かもしれません。

 

まず発毛剤を使用しているうち強烈な刺激や痒みを感じた場合は注意してください。

 

発毛成分の中には、刺激の強いものや血行を促進させるために頭皮に痒みがあらわれるタイプも少なくなりありません。

 

使用して直ぐに治まったり、何度も使ううちに気にならなくなってきた場合は構いませんが、いつまでも症状が治まらなかったり徐々に激しくなっていく場合は危険信号です。

 

その発毛剤はあなたの頭皮には強すぎる恐れがあります。

 

また発毛剤は、上記の症状の他に成分にも気を配ってみてください。

 

ほとんどの発毛剤は、効果を高めるために何種類、何十種類という成分を配合している製品が多数あります。

 

頭皮は非常にデリケートなためこの中にアレルギー成分が含まれていると、頭皮が炎症を起こしたり毛穴が詰まったりと薄毛を促進する結果に繋がってしまいます。

 

何がアレルギーとなるかは人によって違うため、まず発毛剤のパッケージに書かれている成分をチェックしてアレルギーの有無を確認しましょう。

 

どんなに無添加、アレルギーテスト済みとあっても自分にとってのアレルギー成分が含まれていては意味がありません。

 

必ず面倒くさがらずに確認しておくべきです。

 

発毛剤おすすめランキング※髪の毛・髪の量を増やすのはコレ

発毛剤の成分について

 

発毛剤に使われている主な成分として代表的なのが、フィナステリドとミノキシジルでしょう。フィナステリドというのは主に抜け毛の症状を抑える成分ですが、発毛の効果は低いものです。

 

逆にミノキシジルに関しては発毛効果が高いのですが、抜け毛の進行を遅らせることはできません。

 

ですので、自分の抱えている薄毛の状態を良く考えて使い分けていく必要があり、両方を使うことで不足している効果を補いうこともできます。

 

しかしながらフィナステリドが入っている製品は医薬品扱いですので、処方箋が必要になります。

 

ですがミノキシジルが配合されているものに関しては、薬剤師がいるドラッグストアなどで入手が可能です。

 

ただし、やはり医師に処方されるものよりも効果は劣りますので、より強力な発毛剤が欲しいのであれば医師の診察を受けることが一番でしょう。

 

発毛剤というのは短期間で効果が出るものではありません。

 

時間をかけて継続的に使用していくものですので、その時間を無断にしないためにも確実に効果が得られる発毛剤を使いたいものです。

 

発毛剤は頭に塗るものだけではなく、錠剤を摂取するタイプのものも販売されています。

 

摂取することで効果があるのであれば、塗るタイプのものよりも続けていきやすいというメリットがあるでしょう。

 

併用していくことでもより効果を期待できます。

発毛剤を効果的に使うためには

 

薄毛の状態になってしまうと、様々な育毛対策を考えるようになります。

 

ドラッグストアに行くと育毛効果が高いスカルプケアシャンプーなどがいくつも並んでいるので、これらの中から自分の頭皮の状態にあったベストな育毛シャンプーを選びます。

 

そして、できれば育毛シャンプーと同じメーカーの育毛剤を使います。

 

同じブランドを使っていれば、頭皮の洗浄効果と育毛剤の栄養分が浸透する割合なども検討されているので、最大の効果が得られるはずです。

 

このような育毛剤と育毛シャンプーのバランスを大事にしながら対策をしていきますが、これらの方法でも抜け毛がなかなか減らない場合は、発毛剤を使っていくことがお勧めです。

 

これは、通常の育毛剤よりも発毛効果が高い成分が含まれているタイプであり、価格もワンランク高くなってしまいます。

 

しかしその分だけ発毛効果が期待できるので、早い段階から発毛剤を使っていく考え方は非常に有効です。

 

この時、基本となる生活習慣を整えておく必要があります。

 

髪の毛は夜間に成長するので就寝時間の調整や、食生活の乱れを正しくして頭皮に栄養分が十分に供給されるように調整しておく必要があります。

 

生活習慣を整えると発毛剤の効果が十分に期待できるはずです。